【ここが一番】勝手に比較!アフィリエイト向けレンタルサーバー

投稿日:2017-07-11 更新日:

どこか気になるレンタルサーバーはありますか?
う~ん、いろいろネットで調べてみたんだけど「エックスサーバー」が良いっていうのが多かったかな。
でも、料金はいろんなサーバー同士で比較しやすいんだけどその他の用語がむずかしくて。。。なんのことだか。。。
では、用語解説もしながら比較してみましょう。
簡単に主要な機能や性能、価格をまとめましたのでそれに沿ってみてみましょう。

よく聞く個人向けレンタルサーバーと用語解説

個人向けのレンタルサーバーと検索するとよく目にするレンタルサービスとそのプランをまとめました。
今回はワードプレスが使えない、データベースの数が少なすぎるプランは除いています。

全体的にエックスサーバーはお値段が高い気がするね。でもディスク容量とか転送料の目安?ってどんな風に比較したらいいんだろ?
まずは用語の意味を見てみましょう。
  • ディスク容量
    ブログやサイトを作成した時にそのデータを保存できるサイズことですね。
    文字だけならそんなに大きなサイズにはなりませんが、画像をつかったりするともちろんサイズは大きくなります。
    パソコンやスマホを買う時にもHDD容量やSDDの容量(内部ストレージ)など気にしますよね。それと同じと考えてよいかと思います。
    つまり大きければ大きいほど良いということになります。
  • 転送量の目安
    一日にどれだけのデータを閲覧者に対して転送できるかということです。
    たとえば、サイズが1MB(0.001GB)のページを閲覧者が開くと1MB消費されます。
    もし転送量50GB/日のサーバーであれば同サイズのページは一日に50000回まで開くことができます。仮に1ページのサイズが5MBだったとしても10000回まで開くことができます。
    例えるとスマホなんかのモバイル通信量制限みたいなものでしょうか。
    ※スマホの通信量は個人がダウンロードしたデータ量となり、ここでの転送量とはダウンロードされたデータ量なので実際には真逆です。
    こちらも大きければ大きいほど良いということですね。
  • マルチドメイン
    独自ドメインをいくつまで設定できるかという数になります。
    無制限ということであれば、ディスク容量が許されるだけ新しいドメインでサイトの構築ができることになります。
  • データベース
    データベースとはサイト情報を保管し必要に応じて情報を呼び出すことができるシステムのことを指します。
    ワードプレスでブログを運営していく場合、ワードプレス用のデータベースを作成する必要があります。
    データベースの数が50個ということはワードプレスでのブログ作成が50個までできるということになります。
やっぱり、むずかしいよぉ。。。
とにかく数値が大きい方がいいんでしょ?
そうなりますが、単に数値が大きくても使いきれなくては意味がありません。無駄に料金を支払うことになりますしね。

レンタルサーバーの費用と仕様の関係を数値化

料金、機能、性能と比較するものが多く、結局のところどれが一番いいのかわからないですよね。
実際に利用したりすれば、どのような機能があればいいのか、どれくらいの性能があればいいのかというのもわかってきますが、初めて利用するときにはその基準がなく、なかなか選べないのが実情だと思いますので、まずは相対的に点数づけしてみました。

レンタルサーバープラン点数
エックスサーバーX104.43点
エックスサーバーX204.57点
エックスサーバーX304.40点
ロリポップ!スタンダード4.57点
ロリポップ!エンタープライズ5.00点
さくらのレンタルサーバースタンダード4.17点
さくらのレンタルサーバープレミアム4.52点
やっぱり!ロリポップ!が一番だ。ディスク容量も転送量もマルチドメインもデータベースのどれをみてもトップレベルだもんね。でも料金が高いなぁ。

この結果では、料金が高いとはいえ、コストパフォーマンスとしては、ロリポップ!が優れていることがわかりました。
容量や数が大きくなるほど、コストパフォーマンスがよくなるのは世の常ですからね。

数値だけにとらわれないあなたに合わせたサーバー選びのポイント

「大は小を兼ねる」とは言いますが、確かに大きいにこしたことはありません。
しかし、実際のところディスク容量400GBなんて使いきれるでしょうか?転送量も無制限である必要があるでしょうか?

答えは「No」です。上でも少し触れていますが、転送量はよほどのアクセスがない限り50GBでも必要十分ですし、ディスク容量も100GBあれば5MBの画像を20000枚は保存できるサイズですが、ブログなどは文字が主役ですのでディスク容量を簡単に圧迫するようなことにはならないですし個人ブログとなれば尚更です。

マルチドメインやデータベースの数についても同じです。マルチドメインやデータベースの数は作成できるブログやサイトの数に関係しますが、どれだけの数のサイトを運営するでしょうか。

20?50?100?それだけの数のサイトを管理できますか?中にはもっとたくさんのサイトを管理している方もいるかもしれませんが現実的には難しいです。

サーバー選びのポイント【付加価値】

実はほかに付加価値的要素があるのでそれについても紹介しますね。

エックスサーバーについてはキャンペーン中であれば、どのプランでも独自ドメインを無料で取得でき、しかも更新料も不要になります。

さらに!エックスサーバーでは新規受け付けユーザーよりオールSSD対応となり、これまでのHDD環境と比較すると読み込み速度が48倍以上も向上!ということなので、これらの要素も踏まえて採点すると以下のようになりました。

レンタルサーバープラン点数
エックスサーバーX104.71点
エックスサーバーX204.63点
エックスサーバーX304.45点
ロリポップ!スタンダード4.65点
ロリポップ!エンタープライズ4.27点
さくらのレンタルサーバースタンダード3.93点
さくらのレンタルサーバープレミアム4.12点
あ~「エックスサーバー」が一番になってる!
出来レースぽくまとまってしまいましたが、公平にまとめた結果がコレです。なによりも独自ドメインキャンペーンと独自SSL無料が大きかったですね。
独自SSL?今日はわからない言葉だらけで疲れたからもういいや。。。
とにかく、エックスサーバーのX10プランが一番点数高いし、機能や性能も他と比べても低すぎずムダに高すぎないからおススメってことだね。
そうですね。

他にもサーバー選びのポイントとして「バックボーン」や「問い合わせの対応」などがありますが、バックボーンについてはすべてのサーバーで公開されているわけではありませんし、一概にこの数値が大きければ良いとも言えません。問い合わせの対応については人それぞれの体感もあり数値化できない。という理由でここでは省略させて頂いています。




まとめ

レンタルサーバーを選ぶ際は料金やスペックだけで比較するのではなく、自分のスタイルに合うかどうかも検討するのがいいですね。
また、サーバー契約するときはキャンペーン情報もお見逃しなく!

ちなみに今月は独自ドメインプレゼントキャンペーン中みたいですね。(~7/31までです。)

-ブログ運営

Copyright© FoB log , 2019 All Rights Reserved.